マークレビンソン・サウンドシステムが、
レクサスの新型「LC500」に採用
新音響テクノロジーを駆使した新世代のオーディオシステム登場

2016年12月12日
ハーマンインターナショナル株式会社
レクサス車内

ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:仲井一雄)は、ハイエンド・オーディオという新しいジャンルを確立した米国を代表するオーディオブランドMark Levinsonのサウンドシステムが、レクサスの新型「LC500」にオプションとして採用されたことを発表します。

「Mark Levinson(マークレビンソン)」は、2000年からレクサスのブランドオーディオに採用され、以来全てのレクサス車でオプションブランドオーディオとして採用されています。「ラグジュアリー・ライフスタイル・ブランド」として新たな次元に進化するレクサスが、その第一歩として世に問う「LC500」に相応しい音を実現するため、マークレビンソンは新開発のスピーカーと、世界初となる音響テクノロジーを用いて音作りを行いました。

特長
  • 13スピーカー レファレンス・サラウンドサウンドシステム
    IPセンター&左右:新開発2チャンネルコアキシャルスピーカー(ツイーター&ミッドレンジ)
    ドア:180mmウーファー
    リア・クオーター左右:新開発Unityスピーカー(ポリエチレン・ナフタレート製ツイーター&ミッドレンジ)
    リアシートセンター:新開発265mmサブウーファー(ケブラー※30%混パルプウーファー。歴代マークレビンソンシステム中最大径)
  • QLS(Quantum Login Surround)音響テクノロジーにより、より精緻なチューニング
  • 「Clari-Fi™」圧縮音源復元テクノロジーにより、圧縮音源もCDクオリティに近い音で再現
  • 11チャンネルクラスDマークレビンソンアンプ(0.1%THD: Total Harmonic Distortion)

※「ケブラー」は米国デュポン社の登録商標です。