Bowers & Wilkinsのプレミアムサウンドシステムが、
VOLVOの新型「XC90」にオプション採用
VOLVOの母国スウェーデン・イェーテボリ・コンサート・ホールの音響を再現した特別EQも用意

2016年1月27日
ハーマンインターナショナル株式会社

ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:仲井一雄)は、イギリスのオーディオメーカー「Bowers & Wilkinsバウワース アンド ウィルキンス)」のプレミアムサウンドシステムが、1月27日より発売となるVOLVO(ボルボ)の新型「XC90」に日本で初めてオプションとして採用されたことを発表します。

ハーマンインターナショナル(米国本社/Harman International Industries, Incorporated)は、2008年4月にBowers & Wilkinsとのカーオーディオ事業におけるパートナーシップ提携を発表し、以来、自動車産業における新たなブランドオーディオのソリューションを両社共同でデザイン・開発してまいりました。両社合わせて100年以上にもなるハイエンドオーディオ分野での知見をベースに、ハーマンとBowers & Wilkinsがそれぞれに持つ強みを融合させたコラボレーションが、今回のVOLVO新型「XC90」で実現しました。開発当初より、VOLVO、ハーマン、Bowers & Wilkinsのエンジニアチームは、「アーティストと同じスタジオ空間にいるかのようなオーディオ・エクスペリエンスを生み出すこと」を目標とし開発に取り組み、優美なスピーカーグリルデザインと、アルミ・ツイーター、ケブラーコーン・スコーカーを含む全乗降ドアで3waysスピーカーレイアウトを実現した、今回のプレミアムサウンドシステムが誕生しました。

また、VOLVOの母国であるスウェーデンで、100年以上の伝統を持つイェーテボリ交響楽団の本拠地イェーテボリコンサートホールの音響を再現した「コンサート」モードを含む、3つのプリセットEQも用意されています。※1

※1 このEQの為に、イェーテボリコンサートホール(1300人収容)の800箇所以上で音響測定を行い、そのデータを元に、ホールでゴールデンシートと呼ばれるスイートスポット「席番号577」で聴く音の再現を目指し、チューニングされた特別なEQ。チューニング後は実際に同ホールの従業員とイェーテボリ交響楽団員が車室内で試聴をし、さらにファインチューンされた。クラシック専用ホールの音響設定の為、特にクラッシック音楽を聴く際にお試し頂きたいEQ。

主な仕様

■ 19スピーカー12チャンネル
■ 1400WクラスDアンプ
■ プリセットEQ「concert」「studio」「stage」

システムレイアウト
名称 位置 スピーカー数
25mm ノーチラス・ツイーター ダッシュボード中央 1
100mm ケブラーコーン ミッドレンジ 同上 1
25mm ノーチラス・ツイーター フロント/リア ドア 4
100mm ケブラーコーン ミッドレンジ フロントドア 2
80mm ケブラーコーン ミッドレンジ リアドア 2
170mm ロングスローウーハー フロント/リア ドア 4
25mm ノーチラス・ツイーター リアルーフ 2
80mm ケブラーコーン ミッドレンジ リアルーフ 2
250mm 「フレッシュエア」カーボンファイバーコーン サブウーハー 荷室下部 1
計19
スピーカーグリルデザイン

「ケブラー」は米国デュポン社の登録商標です。

Bowers & Wilkinsについて

Bowers & Wilkinsバウワース アンド ウィルキンス)は、イギリスの企業B&W Group Ltdによって製造される高級スピーカーブランドです。1966年にB&W Electronicsとして設立され、スピーカーコーンにケブラー素材を当初から使用したメーカー。常に最先端音響解析を駆使したスピーカーを製造しつづけており、家庭用のスピーカーとして、また世界中の録音スタジオのプレイバックスピーカーとして信頼されています。