マークレビンソンの伝統と妥協なき技術が生み出す
ニュー・リファレンス モノラル・パワーアンプ
「No536」新発売。

2015年11月16日
ハーマンインターナショナル株式会社

ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:仲井一雄)は、ハイエンド・オーディオという新しいジャンルを確立した米国を代表するオーディオブランドMark Levinsonから、モノラル・パワーアンプ「No536」を12月下旬より発売予定です。

「Mark Levinson(マークレビンソン)」は、1972 年の創業以来、ハイエンド・オーディオの先駆者として音楽の本質を追求するという基本理念のもと、一切の妥協なくサウンド技術を追求してきました 。今回発売する「No536」は、その伝統と技術から生み出されたモノラル・パワーアンプで、ハイパワー出力と驚異的なサウンドクオリティ、最新鋭のインダストリアルデザインを兼ね備えています。独自のフルバランス・オペレーション技術をベースに、各回路を細部にわたり徹底的に見直し、最新パーツを投入。音の細部までさらに磨き上げたモノラル・パワーアンプのニューモデルです。


製品名 タイプ 発売日 価格
No536 モノラル・パワーアンプ 12月下旬予定 標準価格 ¥1,700,000(税抜)/1台
特長
  • 定格出力8Ω時400W、4Ω時800WのクラスABモノラル・パワーアンプ
  • 入力から出力までフルディスクリートおよびディファレンシャル・シグナルパスを採用
  • 低歪みと広帯域再現を実現するハイリニアリティ、ローフィードバック設計
  • 電圧ゲインとドライバー・ステージがクラスAで作動
  • シグナルパス内にキャパシタを使用しない直結式
  • カスタムデザインのローノイズ1800VAトロイダル・トランスを搭載
  • 低ノイズ、ハイスピード・ディスクリート・ショットキー整流器およびマルチプル・パラレルド・フィルターキャパシタを採用した大電流リニア電源を装備
  • 入力から出力までシンメトリーに徹した、ミラー対称設計
  • バイワイヤー・スピーカー接続用Hurricane端子付き4バインディング・ポスト
  • システムコントロール;イーサネット、RS232、IR(赤外線入力)、12Vトリガー入力および出力
製品イメージ

正面

背面

内部構造
主な仕様
製品名 No536
タイプ モノラル・パワーアンプ
入力および出力コネクタ
  • バランスXLR入力1系統
  • アンバランスRCA入力1系統
  • バナナプラグ・ソケット付ハリケーンタイプスピーカー出力2系統
コントロール・コネクタ
  • イーサネット10/100コネクタ1個
  • 3.5mmモノ(tip/sleeve)ミニプラグ・トリガー入力、12Vdc
  • 3.5mmモノ(tip/sleeve)ミニプラグ・トリガー出力、12Vdc
  • 3ピンIEC標準電源コネクタ
定格出力電力 400Wrms@8Ω、20Hz~20kHz、THD 0.25%以下
周波数特性 10Hz~20kHz +/-0.5dB
S/N比 85dB以上、レファレンスレベル:2.83Vrms
入力インピーダンス 60kΩ(バランス);30kΩ(アンバランス)
電圧ゲイン 25.5dB
入力感度 2.83V(@8Ω定格出力時)
電圧、消費電力 100V、1500W(8Ω定格出力時)
寸法 高さ(脚を含む):194mm
幅:451mm
奥行:504mm
本体重量 45.4kg
価格 標準価格 ¥1,700,000(税抜)/1台
製品ページへリンク
お客様のお問い合わせ先

ハーマンインターナショナル株式会社
Tel: 0570-550-465
http://www.harman-japan.co.jp/support/