最先端のD2デュアルドライバーと、独創の X ウェーブガイド・ホーン搭載で、
表現力の新境地を拓いた次世代フラッグシップ・スタジオモニター「4367WX」新発売

2015年11月4日
ハーマンインターナショナル株式会社

ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:仲井一雄)は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」から、2ウェイ・フロア型スピーカー「4367WX」を12月より順次発売予定です。

今回発売する「4367WX」は、JBL 永遠のスタンダードとも言えるモニタースピーカー「4365」の後継機で、銘機と呼ばれる数々のシステムを世に送り出してきたJBL のプロ技術を継承し、優れた音響性能と高音質を実現したフラッグシップモデルです。「4367WX」の高域には、2つのコンプレッションドライバーを単一の筐体に結合した、独自構造のD2デュアルドライバーを採用し、高い出力音圧と非直線性の低歪みを実現。さらに、独自のHDI(High Definition Imaging)技術を用いたXウェーブガイド・ホーンを搭載することで、鮮明なサウンドと優れた音響バランスを生み出し、リスニングルームの広いエリアにおいて自然な臨場感をお届けします。低域は、JBL伝統の15インチ(38cm)径ウーファーの搭載に加え、2つのボイスコイルで駆動する独自のディファレンシャル・ドライブ方式を採用し、高出力と超低歪率を両立したことで、高音質でパワフルなサウンドをお楽しみいただけます。また、伝統的な佇まいのブルーバッフルデザインが、リスニングルームを本格的で上質な空間に仕上げます。

製品名 タイプ 発売日 価格
JBL 4367WX 2ウェイ・フロア型スピーカー 12月予定 標準価格¥800,000円(税抜)/1本
特長
独自構造のD2デュアルドライバーを採用。
2つのコンプレッションドライバーを単一の筐体に結合した、独自構造のD2デュアルドライバーを採用し、高い出力音圧と非直線性の低歪みを実現。ダイアフラムの可動重量が減少したことで、高域特性は40kHzまで滑らかに広がり、ボイスコイルの放熱の向上でパワーコンプレッション(実効感度の低下)を改善しました。
 
HDI(High Definition Imaging)技術を用いたXウェーブガイド・ホーンを搭載。
JBLの最新モニタースピーカーのために開発されたHDI(High Definition Imaging)技術を用いたXウェーブガイド・ホーンを搭載することで、ホーンシステムならではの高感度かつ緻密なディテール表現と広く一定した定指向特性を獲得。リスニングルームの広いエリアにおいてクリアなサウンドと優れた音響バランスを兼ね備えたサウンドを楽しむことができます。
 
38cm径ウーファーの搭載で、パワフルで高音質なサウンドを実現。
パルプコーントランスデューサー"2216Nd"内蔵の、15インチ(38cm)径ウーファーを搭載。2つのボイスコイルで駆動する独自のディファレンシャル・ドライブ方式を採用し、高出力と超低歪率を両立したことで、高音質でパワフルなサウンドをお楽しみいただけます。
 
JBLスタジオモニター伝統のブルーバッフルデザイン。
JBL スタジオモニター伝統のブルーバッフルを採用。リスニングルームを本格的で上質な空間に仕上げます。
 
主な仕様
製品名 4367WX
タイプ 380mm径2ウェイ・フロア型スピーカー
使用ユニット LF:380mm径ピュアパルプコーンNDD(ネオジム・ディファレンシャル・ドライブ)
ウーファー〈2216Nd〉
HF:76mm径デュアルダイアフラム・デュアル ボイスコイル・ネオジム・コンプレッション
ドライバー〈D2〉+XウェーブガイドHDIホーン
インピーダンス
許容入力 300W(RMS)
出力音圧レベル 94dB (2.83V/1m)
周波数特性 30Hz - 40kHz(-6dB)
クロスオーバー周波数 700Hz
サイズ(H x W x D) 941 (足含む、スパイク含まず)× 560 x 425mm
重量 61.2 kg
標準価格 ¥800,000円(税抜)/1本
製品ページへリンク
お客様のお問い合わせ先

ハーマンインターナショナル株式会社
Tel: 0570-550-465
http://www.harman-japan.co.jp/support/