37 / 68

ンバル・サスペンション

じんばる・さすぺんしょん

「ジンバル (gimbal)」は、もともと「羅針盤などを水平に保つための装置」のこと。「宇宙ごま」のような構造をしており、その中心に位置するものは、上下左右の動きに影響されないという特徴があります。この仕組みは常にバランスを取ることが必要とされる船舶やロケット、カメラのレンズなどに利用されているほか、オーディオ機器ではターンテーブルのアームなどにも活用されています。AKGのセミオープン型ヘッドホン「K142HD」は、独自の「ジンバル・サスペンション構造」のハウジングを採用。快適な装着感を実現しています。