1983年にオランダで設立。世界40カ国以上の販売実績を持ち、各国の評論家/プレスから常に高い評価を受けています。
リスナーを音楽にフォーカスさせ、オーディオシステムの存在を忘れさせるSiltechケーブル。
それは末端処理だけでなく多くの行程をハンドクラフトで行う洗練された技巧と、
最先端のテクノロジーの結合により生まれます。

先進の冶金技術により生み出されたシルバー=ゴールド導体と独自のケーブル理論を融合させたSILTECH オーディオケーブルが、
創立25 周年を迎えロイヤル・シグネチャー・シリーズとクラシック・アニバーサリー・シリーズへと進化しました。
ゼロ・ディストーション概念から生まれた Generation Seven™(G7) Silver=Gold 導体と
最新のハイテク・インシュレーション・マテリアルが、さらなるハイ・ピュリティー伝送を実現しています。

テクノロジー解説


Generation Seven™

SILTECH はハイテク冶金学に基づいた研究の結果、純銀結晶間のすき間に他の不純物の代わりに金原子を埋め込む特殊な冶金技術を開発。独自のプロセスにより導電抵抗の低い銀結晶構造間に接触抵抗の少ない24K ゴールドを充填した純結晶化シルバー=ゴールド導体は、信号の損失を一切排除し世界最小レベルの超低歪特性を獲得しています。Classic 330 〜 770 およびRoyal Signature に採用された最新のGeneretion7 Silver=Gold 導体では、高純度銀導体内部への99.9%を超える補完率を実現。さらに、最上級モデルRoyal Signature Empress Crown とEmperor Crown では、Generetion7 Silver=Gold 導体に革新的な9N(99.9999999%)純度のMono-xtal ピュア・シルバー素材を用いる事で、更なる超低歪特性を実現しています。(Classic 220i/220L にはG6 Silver=Gold 導体を採用)。


Dual Balanced Technology

ケーブル自体の相互干渉や外部干渉を排除し更に歪の低減を果たしたデュアル・バランスド・コアキシャル構造を採用。先進のG7 シルバー=ゴールド導体に優れた誘電率を誇るePTFE/Polyimideフィルムを2層に巻き上げて絶縁。銀メッキ無酸素銅(SPOFC)シールドで包みTeflon®FEP インシュレーターでカバーした芯線を採用。この厳重なシールド芯線を用いることでシールド効果とサウンドパフォーマンスを同時に向上させています。
(Classic 220i/220L にはBalance Twisted Pair 構造を採用)


Dual Balanced Technology

ケーブル端末には、Signature シリーズ伝統のメタル・バーレルをClassic Anniversary にも新採用。その質量が高い防振効果を発揮すると共に、アニバーサリーモデルらしい高級感を醸し出します。インターコネクト・ケーブル用RCA コネクターには、高精度切削加工と金メッキ処理を施したオリジナルRCA コネクターを採用。コレットチャック・ロック機構によりコネクターの抜けを防ぎ確実な信号伝達を果たしています。また、Classic 550L/770L スピーカーケーブルには高精度切削加工とロジュームメッキ処理を施した低損失オリジナル・コネクターを、Classic220L/330L にはゴールドメッキタイプのオリジナル・コネクターを採用しています。